スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い奇襲戦法(伊藤)

はじめまして。1年の伊藤です。
マイナー戦法が好きな身として、少し持論を展開させていただきます。
マイナー定跡は奇襲戦法として1冊の本に数多くまとめられていることが多いですが、このような本を読んでみると、「普通に強そう」と思う定跡がいくつか見られます。現在私が愛用している角頭歩も、そのような感情から始めました。その他では鳥刺しや嬉野流などでしょうか。これらはなぜマイナーなのか。おそらくプロが指さないからでしょう。ではなぜプロは有力であるにも関わらず指さないのでしょうか。私個人の考えとなりますが、プロは仕事として将棋を指しており、アマチュアより遥かに勝ちに拘るはずです。その結果、負けにくさ(=玉の固さ)を重視しているのだと思います。上記の定跡はいずれも玉が薄くなるので採用されにくいのでしょう。その他にも研究人数などの理由はあると思いますが、上手く文章に起こせないので省略します。
とにかく私が言いたいこととしては、マイナーは全てが欠陥戦法というわけではないということです。奇襲という括りに惑わされず、まずは実戦で使ってみてから判断してはいかがでしょうか。

次は同じく1年の山本くんお願いします。
新大将棋部

新大将棋部

ID:sindais
パス:さるさる日記と同じ


  • 管理画面
  • リンク
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最近の日記
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    日記内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。